/

この記事は会員限定です

通貨安トルコ、苦肉の金売り

[有料会員限定]

止まらない通貨リラ安とインフレに直面するトルコ中央銀行。9月、保有する金約21トンを売却した。一時は公的機関で最大の買い手だったトルコ中銀が一転して最大の売り手となったのは、リラ安に歯止めをかけるための苦肉の策とみられている。

単月では26トンを売った2020年11月以来の規模。当時もリラ安が急進していた。ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)は今回も「持続的な通貨安を含む経済的課題」が理由だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り269文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン