/

この記事は会員限定です

金沢工大生ら、「バスどこシステム」拡充

病院など表示可能に

[有料会員限定]

石川県野々市市のコミュニティーバスの現在位置がスマートフォンなどで分かる「バスどこシステム」の機能が拡充された。金沢工業大学と系列の国際高等専門学校の学生プロジェクトで、図書館や病院といった主要施設とバス停との位置関係が分かるようになった。

システムは金沢工大の実証実験の位置づけで、2018年に稼働した。スマホやタブレットの画面から、必要な主要施設の中からチェックボックスにレ点を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り192文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン