/

この記事は会員限定です

日本フィランソロピー協会理事長 高橋陽子さん

共感をつなぐ(4)

[有料会員限定]
 1992年に創刊した機関誌フィランソロピーの編集は、社会貢献支援の企画や人脈づくりにも役立った。障がい者の支援は、走りながら方向性を模索していた初期の出会いから始まった。

10年くらい、機関誌の中身の半分以上は私が取材して書いていました。新聞や雑誌に登場し、社会貢献に関係しそうな団体や企業、人に連絡を取り、会って話をおうかがいするのです。何のつてもないので、祈るような気持ちで手紙に趣旨を書いて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1337文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン