/

この記事は会員限定です

アップル規制、米IT明暗

グーグル最高益、影響軽微 フェイスブックには逆風

[有料会員限定]

【シリコンバレー=奥平和行】個人情報の収集・活用の違いで米インターネット大手の業績に明暗が分かれている。米アップルが利用規制を強めるなか、米アルファベット(グーグル親会社)が2021年7~9月期に最高益を更新。一方、米フェイスブックなどは苦戦が目立つ。広告事業への独占・寡占批判も加わり経営環境は厳しくなっており、ネット各社は対応が急務になっている。

「これまでの投資のおかげで顧客企業への影響を軽減...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り981文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン