/

この記事は会員限定です

スルガ銀 アパマンローンの波紋(下) 銀行の責任、立証困難

手控えの各行再開 懸念も

[有料会員限定]

スルガ銀行のアパマンローン問題解決は、同行の「台所事情」にも左右される。同行は2022年3月期に黒字を維持できる範囲で、被害補償費用を一部織り込む財務処理をする。実質与信費用として340億円を計上する計画だ。

8月27日に一律の賠償を求めた被害者の融資総額は約806億円。物件自体に価値が一定程度残っていることを考えると全額を焦げ付きに備えた貸倒引当金として積む必要はない。「万が一裁判に負けても大丈夫」と数字...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1470文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン