/

この記事は会員限定です

同郷の誘い上手 樋口章憲

[有料会員限定]

私の人生は同郷の同級生、富士フイルムビジネスイノベーション執行役員の鈴木千秋君との出会いがあったから決まったようなものだ。東京大学を定年退官した鶴田禎二先生が東京理科大学の教授に就くと、たちまち人気の研究室が誕生した。持ち前の要領の良さで2期生に潜り込んだ私にとって、一番気の合う存在となったのが彼だった。

研究室に入るまでは会えば話をする程度。一緒に過ごす時間が増えれば、下宿に泊まり込むこともしょ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り334文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン