/

この記事は会員限定です

日本フィランソロピー協会理事長 高橋陽子さん

共感をつなぐ (3)

[有料会員限定]
 1990年代後半に企業の社会的責任(CSR)という言葉がよく使われるようになった。高橋さんは2001年、日本フィランソロピー協会の理事長に就任。先駆的、模範となる活動をしている企業を顕彰する企業フィランソロピー大賞を03年に創設した。

その頃、自然環境の悪化とともに、企業の不祥事が相次いでいました。企業統治の重要性が指摘され、企業価値を従来の経済だけでなく、環境・社会に配慮しているかも重要な指...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1336文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン