/

この記事は会員限定です

ベラルーシ、情報統制強化 SNS投稿で市民拘束

反政権の動き封じ込め EU、追加制裁を検討

[有料会員限定]

【モスクワ=石川陽平】ベラルーシがSNS(交流サイト)上での情報統制を一段と強めている。反政権的な投稿に同情するコメントをしただけで拘束されるほか、過激なSNSの利用者を収容所に移送できる新たな政府令も出した。ルカシェンコ大統領による反政権の動きを封じ込める狙いに対し、欧州連合(EU)が政権への追加制裁を検討するなど攻防が激しさを増している。

「ベラルーシは大統領制共和国でなければならない」。ルカ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1124文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン