/

この記事は会員限定です

ローソン、購買履歴で追跡型広告

レシートに印刷

[有料会員限定]

ローソンは2022年から来店客の嗜好に合わせた広告や販促サービスを始める。数千万人の会員情報をもとに購買履歴などを人工知能(AI)で解析し、商品を購入する可能性が高い客向けに広告やクーポンをレシートやスマートフォンのアプリで提供する。ネット閲覧履歴などに基づくターゲティング(追跡型)広告が難しくなるなかで、利用客の情報を持つ強みをいかす。

ローソンは共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り965文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン