/

この記事は会員限定です

役員報酬のトップ一任 投資家8割、否定的

「議決権行使で反対」2割 米社調べ

[有料会員限定]

経営トップが取締役の報酬額を決める日本企業に、投資家が厳しい目を向けている。米コンサルティング会社のウイリス・タワーズワトソンが国内外の大手機関投資家に聞いたところ、8割超が否定的とし、2割は議決権行使で反対票を投じると答えた。報酬決定に向けて透明性や客観性を確保する対応が求められそうだ。

フィデリティ投信やニッセイアセットマネジメントなど日本株を運用する国内外の機関投資家23社に対し、今年7~9...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り567文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン