/

この記事は会員限定です

スルガ銀 アパマンローンの波紋(上) 再浮上した補償問題

「不誠実な答弁」被害者訴え

[有料会員限定]

10月5日はスルガ銀行にとって思い出したくなくても思い出してしまう負の記念日だ。2018年のこの日、シェアハウス向け融資の不正問題で、金融庁から行政処分を受けたからだ。それから3年。経営の健全化が着実に進んでいたところに、再び融資を巡る問題がクローズアップされた。「アパート・マンション向け融資」、通称アパマンローンでも不正が横行していると被害者団体が訴えた。被害補償を巡る論争はいつまで続くのだろう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1316文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン