/

この記事は会員限定です

参院補選、自民1勝1敗

岸田政権初の国政選挙、静岡で野党系勝利

[有料会員限定]

参院静岡、山口両選挙区の補欠選挙が24日、投開票された。静岡で立憲民主党と国民民主党が推薦する無所属新人が当選し、自民党の候補が敗れた。山口は自民前職の候補が新人2人を破った。(関連記事総合・政治面に

岸田政権発足後初めての国政選挙で、与野党は31日投開票の衆院選の前哨戦と位置づけた。衆院選の選挙期間中という異例の補選結果は各党の選挙戦略に影響する。

静岡は静岡県知事選に立候補した自民の岩井茂樹...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り320文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン