/

この記事は会員限定です

〈データが問う衆院選の争点〉行政DX、生産性を左右

電子政府はランク14位に後退

[有料会員限定]

行政のデジタル化の遅れが日本経済の重い足かせになっている。紙の書類のやりとりや対面手続きなどを前提にしたアナログのしきたりが社会の効率を押し下げる。背景には役所ごとの縦割りや既得権の壁もある。国のあり方を問う衆院選(31日投開票)を機に改革を加速する必要がある。

菅義偉前首相の肝煎りだったデジタル庁が発足して約2カ月。デジタルトランスフォーメーション(DX)は誰が政権を担おうと変わらず重要な政策課...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1392文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン