/

この記事は会員限定です

横浜点滴中毒死、元看護師に死刑求刑 検察側、責任能力を主張

弁護側は「心神耗弱」 地裁公判

[有料会員限定]

横浜市の病院で2016年に看護師が入院患者3人の点滴に消毒液を入れて中毒死させた事件の裁判員裁判が22日、横浜地裁(家令和典裁判長)であり、検察側は殺人罪などに問われた元看護師、久保木愛弓被告(34)に完全責任能力があったとして死刑を求刑した。

弁護側は心神耗弱状態などを理由に無期懲役が相当と主張。この日で結審し、判決は11月9日に言い渡される。

検察側は論告で「(患者の)家族への対応をしなくてす...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り404文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン