/

この記事は会員限定です

「個人事業税見直しを」

都税調答申 ギグワーカーなど念頭

[有料会員限定]

東京都税制調査会(会長・池上岳彦立教大教授)は22日、2021年度答申をまとめた。答申では個人が事業で得た所得にかかる個人事業税でインターネットを使う新しい業種が考慮されていないとして「早急に時代に即した見直しをすべきだ」と提言した。ユーチューバーやネットで単発の仕事を請け負うギグワーカーを念頭に置いた。

個人事業税は都道府県税の一つで、年間290万円を超える事業所得がある個人が納める。税率は3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り225文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン