/

この記事は会員限定です

デジタル課税 世界の巨大企業100社が対象

[有料会員限定]

経済協力開発機構(OECD)加盟国を含む136カ国・地域は10月、新たな国際課税ルールの方針で合意した。2本柱のひとつは、国際的に共通の法人税の最低税率を15%にすること。もうひとつが「デジタル課税」の導入だ。

対象は売上高が200億ユーロ(約2.6兆円)で、利益率が10%超の巨大企業。世界で100社程度とみられる。利益率が10%を超える分を「超過利益」とし、うち25%への課税権を、消費者がいる国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り302文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン