/

この記事は会員限定です

春秋

[有料会員限定]

読み進むうち、体が震えて暖をとりたくなる。夏目漱石が冬の一日をつづった短編「火鉢」。自宅の水道は凍って、2つになる子どもは「寒い」と泣き続けている。書斎に退き、火鉢に手をかざすが、手だけが熱くて背や肩がむやみに冷える。耐えかねて、妻に尋ねた。

▼「去年、煖炉(ストーブ)をたいたとき炭代はいくらだったか」。しかし、費用がかかると聞き、あきらめた――。前半のあらすじだ。ここ数日の急な気温の低下に加え、原...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り367文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン