/

この記事は会員限定です

松本市、DXで上水道などインフラ効率管理

ドローン 災害現場撮影や点検に/クラウド型カメラ 漏水状況、遠隔地と共有

[有料会員限定]

長野県松本市がデジタルトランスフォーメーション(DX)を活用したインフラ管理の効率化に挑んでいる。上水道の漏水現場などでの状況把握にクラウド対応のカメラサービスを利用するほか、ドローンを使った災害現場などの撮影も始めた。全国で老朽インフラへの対応が課題となっているうえ、大雨などの自然災害も頻発している。市民生活に欠かせないインフラを維持するための取り組みとして注目されそうだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1213文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン