/

この記事は会員限定です

GAFAと競争政策(中) 変わる「競争」概念 対応急げ

岡田羊祐・一橋大学教授

[有料会員限定]

デジタル市場での独占化・寡占化が進み、米GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コム)など巨大プラットフォームへの規律を強化する立法や指針の策定が各国・地域で活発化している。背景には、国家による制御を超越した市場支配力を有するプラットフォームが生まれつつあるとの危機感がある。特に米国の反トラスト法(独占禁止法)を巡る政策に変化の兆しがみられる点が注目される。

米国は巨大IT...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2681文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン