/

この記事は会員限定です

トヨタと取引の部品各社 非上場でも環境報告書

豊田鉄工や小島プレス 供給網全体で脱炭素対応

[有料会員限定]

トヨタ自動車と縁の深い非上場の部品各社が上場企業では一般的な「環境報告書」を作成して自社の取り組みを紹介している。車のボディーを手がける豊田鉄工(愛知県豊田市)や樹脂部品の小島プレス工業(同)は製品開発や生産工程の見直しで二酸化炭素(CO2)排出を減らす。排気系部品の三五(名古屋市)は植樹でCO2を吸収する。トヨタはサプライチェーン(供給網)全体に「脱炭素」を求めており、取引先も知恵を絞る。

東京証券取引所は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1265文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン