/

この記事は会員限定です

融資撤退より建設的対話

みずほフィナンシャルグループ社長 坂井辰史氏

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍で経済社会は大きく変化している。グローバル化の問題やデジタル化のボトルネック、個人の将来不安などが浮き彫りになり、格差や貧困も広がった。これらを背景にサステナビリティーの意識が高まった。気候変動や格差といった負の影響を抑制し、経済成長と社会基盤の安定を両立させることが不可欠だ。

各国で脱炭素実現目標の設定が相次ぎ、設備の入れ替えや事業そのものの転換などの動きが出てくる。そこで企...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り667文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン