/

この記事は会員限定です

大量の軽石、1000キロ越え漂着

小笠原で海底噴火→奄美・沖縄へ 漁業の妨げに

[有料会員限定]

鹿児島県・奄美群島や沖縄県の島々の海岸に、千キロ以上離れた小笠原諸島の海底火山「福徳岡ノ場」の噴火で生じ、約2カ月かけて流れてきたとみられる軽石が漂着している。大量に流れ着いた奄美群島では漁業に影響が出ており、住民は「人力での撤去は難しい」と頭を抱えている。

奄美群島の喜界島では、今月10日に漂着が確認された。喜界島サンゴ礁科学研究所によると、最初は島の北東部で、その後全島に漂着。大きさは10セン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り334文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン