/

この記事は会員限定です

候補者多様化、道遠く 衆院選公示1051人立候補

20~30代、初の1割未満

[有料会員限定]

衆院選(総合2面きょうのことば)が19日公示され、1051人が立候補した。小選挙区比例代表並立制を導入した1996年以降、9回の衆院選で最も少ない。20~30歳代の割合は9.4%で初めて1割を切った。女性比率は2割に届かず、当選歴のない新人は半数だ。候補者の多様化や新陳代謝は進んでいない。

20~30歳代の候補者は99人で2012年の296人と比べて3分の1しかいない。世代別の人数を分析すると70...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1137文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン