/

この記事は会員限定です

対中技術規制、もたつく米

輸出管理、政府が議会の要求拒否 安保と競争力でジレンマ

[有料会員限定]

米中が貿易交渉を再開した。焦点の一つであるハイテク輸出規制で米国は強硬一辺倒にみえる半面、実はもたついている。中国への技術流出を防ぐ法改正から3年たつものの、政府は議会から求められた規制リストの作成を拒否した。議論に時間をとられて後手に回るリスクが高まっている。

「誤解されていますが、リストは出しません」。米商務省で輸出管理を担う産業安全保障局(BIS)トップのペルター商務次官代行は9月上旬、議会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1429文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン