/

この記事は会員限定です

岸田首相、春風接人と決別を

[有料会員限定]

岸田文雄政権について、欧米の論調は概して厳しい。「ミスター現状維持」という評もあった。派閥間の合意に基づく選出であり、日本の閉塞状況は打開できないという評価なのだろう。確かに岸田氏は「春風接人」をモットーとする。諸利益の対立を摩擦があっても乗り越える「改革」という考え方は好まない。指導力に欠けた凡庸な政権運営になるのは不可避という予想は十分に成り立つ。

他方、厳しい海外論調の裏には日本への期待の高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り718文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン