/

この記事は会員限定です

カンボジア、強まる政敵排除

首相職など二重国籍禁止

[有料会員限定]

カンボジアのフン・セン長期政権が政敵排除の姿勢を一段と強めている。「二重国籍者」が首相や下院議長といった政治の要職に就くことを禁じる方向で憲法改正の手続きを進めている。2022年の地方選、23年の総選挙(下院選)で与党の勝利を確実にするため、外国籍を持ち海外に逃れている野党指導者の影響力をそぐ狙いだ。

カンボジアの上下両院はフン・セン氏の与党が掌握する。近く可決される憲法改正案では首相、上下両院議...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り727文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン