/

この記事は会員限定です

米で匿名性高い財産信託、課税逃れの温床に

[有料会員限定]

国際課税ルールの合意を主導したのは、最も税収を失っているとされる米国だった。ルール作りの協議から離脱したトランプ前政権が退陣し、バイデン政権が発足したことで議論が再開され、交渉が加速した。

その米国を、国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が10月に公表した租税回避の取引を記した新資料「パンドラ文書」が揺るがした。相続税のない中西部サウスダコタ州で、信託会社が保有する資産が過去10年で4倍の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り377文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン