/

この記事は会員限定です

大阪府・市「スーパーシティ」 自動運転と医療 未来探る

再提案、万博はさみ3段階 夢洲やうめきたで実験

[有料会員限定]

大阪府と大阪市は国が公募していた人工知能(AI)やビッグデータの活用や規制緩和によって住みやすい都市を目指す「スーパーシティ」構想の再提案を出した。2025年の国際博覧会(大阪・関西万博)が開かれる人工島・夢洲(ゆめしま)などを舞台に、日本で先駆けて空飛ぶクルマや自動運転、先端医療などの社会実装を目指す。

「スーパーシティ」構想は国が5つ程度の自治体を選び国家戦略特区を指定する。国は4月中旬を期限...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1235文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン