/

この記事は会員限定です

青葉被告、再び精神鑑定

京アニ事件で地裁決定

[有料会員限定]

京都アニメーション放火殺人事件で、京都地裁が青葉真司被告(43)の刑事責任能力を調べるため、再度の精神鑑定を認める決定をしていたことが19日、関係者への取材で分かった。2020年12月の起訴前、既に検察側が一度精神鑑定をしているが、今回は弁護側が申請したとみられる。

刑事責任能力の有無が最大の争点となるとみられていた。関係者によると、再鑑定は既に始...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り175文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン