/

この記事は会員限定です

LINEの個人情報管理「経済安保に配慮できず」

最終報告書、調査委が批判

[有料会員限定]

通信アプリ大手の「LINE」の個人情報の管理問題で、親会社のZホールディングス(HD)が設けた外部有識者の特別委員会は18日、最終報告書を公表した。中国の関連会社が個人情報を閲覧し、韓国サーバーに保管していたことについて「経済安全保障への配慮ができず、見直す体制がなかった」と批判した。グループで業務管理体制の強化が求められる一方で、包括的なデータ管理のルール作りも課題だ。

日本で約8900万人が利用するLINEでは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り591文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン