/

この記事は会員限定です

みずほ証券や大和証券、営業員に運用分析ツール

ニーズつかみきめ細かく

[有料会員限定]

大手証券が独自の分析ツールを使って、個人顧客への資産運用の提案を強化している。みずほ証券はAI(人工知能)が顧客のリスク許容度を測定する。大和証券は資産配分を最適化するツールの付加価値を高める。営業員に共通のシステムを活用して効率化を進めるとともに、顧客のニーズに合わせたきめの細かい商品提供につなげる。

みずほ証券は7月、営業員に面接の頻度の助言や、顧客が高リスクの資産を持ちすぎている際にアラート...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り731文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン