/

この記事は会員限定です

矢野次官は間違っていない

[有料会員限定]

矢野康治財務次官が文芸春秋に発表した「財務次官、モノ申す」が話題になっている。勇気ある発言だと賞賛する声も、けしからんという怒りの声もある。これについては「内容が正しいか」「矢野氏の行動が公務員としての矩(のり)を超えているか」という二つの評価軸がある。

まず、内容から考えよう。この論考には、数学的事実で100%正しいこと(例、以下同じ、金利が名目成長率より低くても国債残高の国内総生産比は上昇し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り715文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン