/

この記事は会員限定です

三重県が飲食店時短などであらかじめ指針、対策取りやすく

[有料会員限定]

三重県は18日の会議で、新型コロナウイルスが再び流行する兆候が表れた場合に備え、対策方針を見直して公表した。これまで飲食店への営業短縮を求める基準などが部分的で、その都度判断していた。目安をあらかじめ定め県民や企業が対策をとりやすくする。

まず県内の新規感染者が2日連続で17人以上となれば警戒態勢に入る。さらに人口10万人あたりの新...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り168文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン