/

この記事は会員限定です

日本電産の野望1 10兆円背負う新CEO

[有料会員限定]

「このくず鉄を売ったらもっと利益になるはずだ」。2021年8月、お盆の夏休み期間。6月末に会長の永守重信から最高経営責任者(CEO)を引き継いだ社長、関潤の姿はメキシコ北部チワワ州にある同社の車載モーター工場にあった。半導体不足による顧客の自動車メーカーの減産が直撃。操業が落ち込み、採算改善が急務だった。

トップダウンで成長を続けてきた日本電産。いつもなら永守が陣頭指揮で収拾を図る場面だ。新型コロナウイル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1504文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン