/

この記事は会員限定です

トヨタ、来月生産15%減 長引く半導体不足

東南ア感染響く 通期900万台は維持

[有料会員限定]

トヨタ自動車は15日、11月の世界生産を直近の生産計画から15%程度減らすと発表した。東南アジアで新型コロナウイルスが猛威を振るっていたことや半導体不足が響き、計画(約100万台)から15万台程度減の85万~90万台となる。11月は減少幅が縮小し、2021年度の世界生産計画(900万台)は修正しないとした。(関連記事総合5面に

9~10月に東南アジアで新型コロナ感染が再拡大し部品の調達が滞ったことから、生産...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り594文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン