/

この記事は会員限定です

バイオマス発電容量 愛知・半田市、全国2位

海外から燃料輸入しやすく 排熱利用、植物工場も計画

[有料会員限定]

東海4県(愛知、岐阜、三重、静岡)のバイオマス発電所の発電容量を市町村別でみると、静岡県富士市が全国トップだった。愛知県半田市も全国2位に入った。燃料となる木材を調達しやすい立地や産業構造を生かしたことが背景にある。燃料を地元で仕入れて消費する「地産地消」の動きも広がっている。

バイオマスの発電容量が13万キロワットで全国1位となった静岡県富士市には製紙会社が集積する。大手製紙会社は植林や木材成分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1109文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン