/

この記事は会員限定です

G7と中国、対立の行方

米欧再結束で溝深まる 東大教授 藤原帰一氏

[有料会員限定]

今月末にイタリアで20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が開かれる。昨年の開催からの約1年で、日米欧などの主要7カ国(G7)と中国の安全保障や人権を巡る溝はさらに深まった。一方で両陣営はサプライチェーン(供給網)で深く結びつき、地球温暖化という共通課題も抱える。対立の行方を識者に聞いた。

バイデン米政権の外交政策の要は、同盟の再結束と中国への対抗にある。トランプ前政権時に分裂状態にあった米欧の軍...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り790文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン