/

この記事は会員限定です

デジタル庁、まず改革の設計図を

慶応義塾大学大学院経営管理研究科教授(組織マネジメント論) 清水勝彦

[有料会員限定]

デジタルトランスフォーメーション(DX)が注目を集めている。実際、非効率な業務を抱えている企業や組織は非常に多い。日本社会のDXの司令塔として、9月に発足したデジタル庁に対する期待は高い。ただ、期待が高いほど失敗することも多いのが世の常である。デジタル庁ではすでに幹部への接待問題などの不祥事も発覚している。

組織改革にはいくつもの「都市伝説」がある。例えば「まず文化を変えなければいけない」というの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り857文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン