/

この記事は会員限定です

IoTの特許料 誰が負担

データ事業者の「ただ乗り」けん制 特許庁、ルール見直しへ

[有料会員限定]

あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の普及を見据え、特許のルールを見直す議論が始まった。現在はモノの製造段階で特許使用料を回収するのが原則で、特許技術から派生したデータビジネスが高収益を上げる状況に対応できていない。IoTを利用するデータサービス事業者なども使用料を負担する案が検討されている。

「IoTサービスが大きな利益を生む時代に、メーカーだけが特許料を負担している現状を見直すべきではない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1835文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン