/

この記事は会員限定です

経済安保、公正な競争促進

企業は長期的視点を

[有料会員限定]

経済安全保障の重要性が増してきた。先端分野での米中対立は激しさを増し政府は技術流出を防ぐ取り組みを進める。内閣情報官、国家安全保障局(NSS)局長として野田、安倍、菅の3政権を支えた北村滋氏に新著をもとに日本が直面する危機とその対策を聞いた。

――日本を取り巻く国際情勢は厳しいです。

「軍事力と経済力の両方を拡大する中国への国民世論の認識と現実の脅威との間に隔たりがあることを懸念している。日本は中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2275文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン