/

この記事は会員限定です

仮想通貨の無断「採掘」 有罪見直しも

最高裁で12月弁論

[有料会員限定]

他人のパソコンを無断で使って暗号資産(仮想通貨)のマイニング(採掘)をするプログラムをウェブサイトに置いたとして、不正指令電磁的記録保管の罪に問われた男性被告(34)について、最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)は14日までに、上告審弁論を12月9日に開くと決めた。逆転有罪とした二審・東京高裁判決を見直す可能性がある。

仮想通貨は、取引を管理する公的機関が存在しない。このため、取引記録の正しさを検証す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り816文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン