/

この記事は会員限定です

ファストリ、前期最終2期ぶり最高益

在宅需要で88%増益 中国、成長鈍化懸念も

[有料会員限定]

ファーストリテイリングが14日発表した2021年8月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前の期比88%増の1698億円だった。国内外の根強い巣ごもり需要を取り込んで、2期ぶりに過去最高益となった。もっとも稼ぎ頭の中国事業は現地勢との競争激化で成長鈍化の懸念が出ている。22年8月期の利益見通しは市場の事前予想を下回っている。

「グローバルで商売をやっていて良かった。世界中の英知を集めて商売しないといけない」。ファスト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1313文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン