/

この記事は会員限定です

JR西、芸備線で検討

地元ICカード活用乗車券購入など

[有料会員限定]

JR西日本は利用が低迷する芸備線で、広島県庄原市で普及している電子マネー機能付きICカード「な・み・か」「ほ・ろ・か」での乗車券販売などを検討する。これらのカードは庄原市民の9割以上が保有する。利便性を上げ利用促進を図る。

14日の記者会見で蔵原潮広島支社長は「いくつか課題があるが、前向きに捉えたい」と話した。

8日広島市内で開いた沿線2県2町との芸備線の利用促進検討会議で、「ICカードでの乗車券購入」「ポ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り284文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン