/

この記事は会員限定です

人材引き付ける環境が急務

予算・奨学金…海外と差開く

[有料会員限定]

20代半ばで米国に渡った真鍋淑郎氏は気候モデル研究のパイオニアとして世界的な業績を挙げ、1997年に日本の政府系研究機関に迎えられたものの、約4年で米国に戻っている。真鍋氏の再度の「頭脳流出」という約20年前の出来事は、その後あらわになった日本の研究環境が欧米と比べて劣後した状態を予告していたようにもみえる。国をまたいで研究開発競争が繰り広げられる中、日本の研究環境を整え優秀な人材を引き付ける策が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1495文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン