/

この記事は会員限定です

DV対応の改善に向けて

独協大学非常勤講師(放送通訳) 柴原早苗

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの流行で在宅時間が増えたため、ドメスティックバイオレンス(DV)が深刻化しているといわれる。

DVの定義を東京都のホームページで見ると「配偶者または事実婚のパートナーなど親密な関係にある男女間における暴力」とある。具体的には「殴る・蹴るなどの身体的暴力」「人前でバカにする、生活費を渡さないなどの精神的暴力」「性行為の強要などの性的暴力」が列挙されている。

しかし社会の状況が変化し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り833文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン