/

この記事は会員限定です

小中高生 自殺最多415人

昨年度急増、家庭不和など コロナで相談機会減

[有料会員限定]

文部科学省が13日に公表した調査で、2020年度の小中高校生の自殺者が415人に上ることが判明した。19年度(317人)から急増し、1974年の調査開始以降で最多となった。

文科省の担当者によると、自殺理由の傾向は例年と大きく変わっていない。ただ「友人や先生とのコミュニケーションなど、『救いの場』としての学校での活動が新型コロナウイルスの影響で制限された。相談や悩み解消の機会が失われ、子どもらが抱...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り575文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン