/

この記事は会員限定です

日本文学研究者 ロバート・キャンベル(3)

父が描いた絵画

[有料会員限定]

小ぶりな油絵が自宅に届いた。さっそく荷ほどきをした。遠景は、薄緑に染まったなだらかな夏山の稜線(りょうせん)が連なり、丘の上から見下ろすような角度で鬱蒼(うっそう)とした木々が描かれ、真ん中に広がる野原に建てられた柵の中で、草を食(は)む羊が7匹いる。羊の寝どころは左手に控える、赤く塗られた大きな納屋である。遠い空には薄雲がかかり、いたって平和な風情だ。右下には「J CAMPBELL」というサイン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り698文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン