/

この記事は会員限定です

(社説)テレワーク機に転勤制度を見直そう

[有料会員限定]

NTTが社員の働き方を見直し、転勤を原則なくす方針を表明した。転居を伴う異動は働き手と家族に大きな負担となりうる。ほかの企業も転勤制度の改廃を含めた抜本的見直しを考えるきっかけとしたい。

NTTでは2022年度以降、国内外で約30万人のグループ全社員がテレワーク勤務を基本とする。例えば、東京にいながらオンラインで地方拠点の仕事ができる環境を整え、転勤を段階的に減らしていくという。

最近ではAIG損害保険...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り716文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン