/

この記事は会員限定です

ドイツ総選挙後の欧州(中) 多党化定着、連立交渉 複雑に

板橋拓己・成蹊大学教授

[有料会員限定]

ドイツ連邦議会選挙は、16年ものあいだ首相を務めたメルケル氏が早々に引退を表明したことで、連邦共和国史上初めて現職の首相が立たない選挙となった。

選挙戦は混迷し、結果は予測不能だった。今春に「社会民主党(SPD)が第1党になる」と言ったら一笑に付されただろうし、7月の時点でも最終結果を予見できた者はいまい。

この半年の政党支持率の変動は目まぐるしかった。メルケル政権下での堅実な新型コロナ対策により...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2691文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン