/

この記事は会員限定です

日本ワイン、世界に挑む

3府県に新たに「お墨付き」 農園新設、認知向上狙う

[有料会員限定]

産地として世界に出遅れていた日本ワインが、巻き返そうとしている。長野、山形、大阪の3府県が、地域ブランドを国が保護する「地理的表示(GI)」に6月末に同時指定され、ワイナリーの新設の動きも広がる。従来は山梨と北海道の2地域だった日本ワインの地域ブランドを増やし、欧米などワイン先進国を追う。

GIは、地域の風土と結びついた特産品を国が保護する制度で、酒類は国税庁、農林水産物などは農林水産省が管轄する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1169文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン